おしえて!アカタゼン!
焦げによる異物混入を防ぎたい
  • 問題点
  • 加熱製造にて使用している釜や天板が長年の使用による劣化の為、新品の頃に比べて商品がくっつきやすく使用後の洗浄でも焦げがとれず作業の効率性が悪くなっている。その為、残った焦げが商品にくっつき、異物混入のクレームにならないか不安である。
  • 解決方法
  • 釜・天板の焦げ・汚れをサンドブラストで除去する。その上からコーティングを行う。
  • 結果
  • 少量の油でくっつきを抑えることができ、その後の洗浄でも焦げが簡単にとれるようになった。その為、作業の効率性も上がり異物混入の不安もなくなった。今までは劣化すると新品に買い換えていたがコーティングすることにより新品を買うより安く、コストダウンにも繋がった。
  • 使用商品
  • 「フッ素加工」その他の関連商品はこちら
  • 情報提供者
  • 赤田善株式会社
  • お問合せ先
  • 赤田善株式会社 営業部
    電話:06-6942-0282 FAX:06-6942-0253