おしえて!アカタゼン!
うどんを茹でたボイル水が濁るのを抑えたい
  • 問題点
  • うどんを茹でた際、澱粉(でんぷん)質が溶け出すことでボイル水が濁ってしまい、何度も水を変える必要があり手間と時間がかかる。また、茹でた後のうどんの表面が粗くなってしまうので改善したい。
  • 解決方法
  • 当社製剤をボイル水に対し0.2%程度添加することで解決できる。
  • 結果
  • うどんのボイル水が濁りにくくなり、ボイル水の入れ替え頻度を減らすことができた。また、茹でた後のうどんの表面も滑らかに仕上がるようになり商品価値があがった。
  • 使用商品
  • スタンド印 「pH調整剤(N)SP」その他の関連商品はこちら
  • 情報提供者
  • 赤田善株式会社
  • お問合せ先
  • 赤田善株式会社 営業部
    電話:06-6942-0282 FAX:06-6942-0253