おしえて!アカタゼン!
味への影響を少なくして、水産練り製品の日持ちを延ばしたい
  • 問題点
  • 味への影響を出来るだけ少なくして、水産練り製品の日持ちを延ばしたい。保存料は使用したくない。
  • 解決方法
  • 水産練り製品(蒲鉾・ちくわ他)は、菌が、原料から移行するものや二次汚染によって、増殖してしまう。当社製剤を仕上がり量の1.0%前後添加することによって、菌の増殖を抑えることが出来る。又、アミノ酸系の製剤を使用することで、味への影響も最小限に抑える事が可能。
  • 結果
  • 食品の風味を損なうことなく、賞味期限を延ばすことが出来た。
  • 使用商品
  • スタンド印「スタミーAK」その他の関連商品はこちら
  • 情報提供者
  • 赤田善株式会社
  • お問合せ先
  • 赤田善株式会社 営業部
    電話:06-6942-0282 FAX:06-6942-0253